結婚制度って必要?ニュートラルシンキング〜あたりまえを疑え

結婚イメージ 未分類

結婚制度ってほんとに必要?

結婚イメージ

結婚ですか。結婚が好きな人多いですよね。私も27歳で結婚して、もう17年経ちました。

結構うまくいってるんじゃないかなぁなんて思っています。(家族といってもみんなそれぞれのパーソナリティをお持ちのようなので想像するしかないのですが。)

若いころから思っていたのですが、結婚って悲しいもののような気がします。

例えばですよ、お互い一緒に居たくて信じあえるなら、結婚て制度いります? 私にはどこか、野暮に感じるところがあります。

役所に契約書を提出するってのが、かえって相手が信じられない事を裏付けるようで。

スポンサーリンク

ニュートラルな気持ちで考える

一度、「普通はこうだから」をやめてもっとニュートラルに、先入観なしに考えてみてもいいような気がします。

結婚の歴史を振り返ると、女性が虐げられてきたのは事実です。未だに男性の姓を名乗ることが当たり前です。家庭に入るのも圧倒的に女性が多いです。

それは変えていかなければなりません。

その悪しき慣習を断ち切るために、男女平等を担保する法整備として結婚制度があるのです。

しかし、あなたとパートナーは、本当にその制度を必要としているでしょうか?

もちろん、結婚制度を利用しないデメリットもありますよ。戸籍とか子供の立場、税制、社会保障の観点も必要ですもんね。家族の絆なんていう精神的な拠り所をこの制度に求める人もいるでしょう。

一番のデメリットは社会的な理解を得られないことでしょうか。「え、結婚してないの」とか、「ちゃんと結婚しなさいよ」とか言われる筋合いのないことを言われるでしょうね。

こういう事を平気で言うのは大概親戚とか、身内ですが、周りの人間に自分の考えを押し付ける人のなんと多いことか。

「人のふり見て我がふり直せ」自分の言動にも注意しないといけないなと思います。

だけど、あなたの人生です。まわりはまわり。自分たちが納得することが一番大事でしょう?

変化する結婚制度

現在、結婚制度もだんだん変わりつつあります。

多様化する社会の中で、選択的夫婦別姓の議論もありますし、事実婚も認められてきています。

でも、法律の制度の中だけの話です。

お互いの信頼関係はまた別ですよね。結婚の形は本人同士が決めることだし、決めるべきです。自分たちの人生なんだから、他人の価値観ではなく自分たちの価値観で。

理屈っぽい?あまのじゃく?ただのロマンチスト?そうかもしれませんね。。。

スポンサーリンク

なぜ結婚したか

ツッコミイメージ

そういうお前はなぜ結婚したんだ?と思われてるでしょうね。うん、間違いない。

よりによって、うちの奥さんは「普通」が大好物です。

なぜか?安心なんですよ。大勢の考え方の中にいることって楽なんです。そんな奥さんに今までして来たような話をするのは、それこそ考え方の押し付けでしかないのです。

そんな奥さんにとって私のような考え方は茨の道です。そんな夫婦生活はもたないでしょう?

家族には安心して過ごせる楽しい毎日を提供したいと思います。。

家族が笑っていると、私も楽しいです。ここは理屈じゃないんですよね。

続いていく結婚生活

結婚生活は長く続いていきます。

今は中学生、小学生の子供の世話で忙しいですが、やがて親元を離れ、私達夫婦のように自立していきます。

奥さんは「普通」にパートや家事をこなし続けるでしょう。

しかし、わたし個人としてはそうはいきません。「普通」のままでは壁に迫ってくることがわかっているからです。

どうやって「普通」から脱却し、どうやって自分だけのオリジナリティのあるフィールドを作り出すのかを模索する毎日です。

変化のスピードの早い現在、危機に直面する前に、この先どうなっていくのかイメージする力が必要です。

そして、どうやって本当に求めている幸せな人生を送れるようにするのかを考えなければなりません。

人生はまだまだ続きます。私の世代は100年ぐらい生きるかもしれません。叶えたい夢だってあります。やりたいことも山ほどあります。

パートナーと過ごす、ながいながい残りの人生の「楽しい」のパーセンテージをできる限り上げていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました